自前メールホスティングの行く先 (2)

前回の続きです。

まずはOffice 365へ移行できるかを検討

徐に “office 365 imap 移行” と雑に検索。

さすがにちゃんと手順はありますね…顧客を引っぱるには必須ですからね…。 IMAPからの移行というよりかは、IMAPをソースにした定期的な一方向同期のようです。

で自分以外のメールボックスはさくっと移行できそうです。 問題は…自分のメールボックスですね。30GBある。

とりあえず、雑に何通あるか数えてみました。なんでかというと、O365が提供している同期機能にはメールの数に制限があるためです。

ユーザーのメールボックスから移行できる項目数は最大 500,000 です (メールは新しいものから順に移行されます)。

で、

find Maildir/ -type f | wc -l`
1906345

あ…うん…190万通ね…そんな気はしてたよ…。15年分あるからね。SpamAssassinがスパムと判定した数を数えてみよう。

find .Junk -type f | wc -l
195059

1割か…消しても焼け石に水ですね(もちろん移行前に消すけど)。 O365の用意する方法では難しそうなので自分でなんとかする必要がありそう。

たしかimapsyncというOSSがあったはず。 (昔ローカルのdovecotとsyncしてオフラインでメール読む環境作った時に使った)

で、これはOSSというかライセンスがちょっと特殊ですね…

そして、すごく詳しいFAQがあった。さすがに商売としてやっているだけある。

EC2のAmazon Linux向けの手順が一番簡単そう。

当面の方針はEC2のスポットインスタンスを使ってimapsyncを動作させて自前メールサーバからOffice 365(Exchang Online)へ移行かな……

今後

約90万通あるINBOXが移行できればたぶん問題ないので本移行の作業に入る。

お楽しみに!(めんどくさいけど)